大学院生の一日

大学院生の一日

大学院生がどんな学生生活をすごしているのか、あまり知られていないようです。
 そこで、教員が保健学研究科の大学院生にインタビューを敢行しました!
看護、放射、検査の各分野の院生に、「どんな研究をしているの?」「典型的な一日のスケジュールは?」
 「将来の夢は?」「院生生活の楽しいことや苦労は?」などなどを語っていただきました。
みなさん、大変ながらもマジメで充実した院生ライフを送っているようです。
 インタビューに快く応じていただいた皆さま、ありがとうございます!
 

  1. 福島仁美さん(看護・博士前期課程、宮坂研究室)
    「臨床から一度離れて、看護を客観的に眺めてみたいと思いました」
     
  2. 鈴木健太郎さん(看護・博士前期課程、慢性看護CNSコース、青木研究室)
    「学生どうしで話していると前向きな考えが出てきます」
     
  3. 藍木桂子さん(看護・博士後期課程、宮坂研究室)
    「育児や仕事と研究の両立。どうにかできています」 
     
  4. 杉田魁人さん (放射・博士前期課程、坂本研究室)
    「医工連携研究。今までに経験したことのない生活で充実しています」
     
  5. 沼田彩美さん(放射・博士前期課程、医学物理士コース、笹本研究室)
    「トライ&エラーの繰り返し。よい結果が出たときは嬉しいですね」
     
  6. 大村知己さん(放射・博士後期課程、李研究室)
    「臨床で20年近く働いて、あらためて学ぶ楽しさを感じています」
     
  7. 後藤若奈さん(検査・博士前期課程、成田(美)研究室)
    「苦労して何度も実験して、よい結果が出ると嬉しいです」
     
  8. 久住亮介さん(検査・博士前期課程、佐藤(英)研究室)
    「人生を能動的に生きている感じがします」
     
  9. 佐藤茉美さん(検査・博士後期課程、佐藤(英)研究室)
    「専門分野以外の人とも関わることで、新しいアイディアが生まれていくのが楽しいです」