メンバー (member)

李 鎔範 (Yongbum Lee)(略歴

共同研究者・OB/OG
高橋規之 (Noriyuki Takahashi): 福島県立医科大学 教授
松山江里 (Eri Matsuyama): 国際医療福祉大学 准教授
渡部晴之 (Haruyuki Watanabe): 群馬県立県民健康科学大学 准教授
長谷川晃 (Akira Hasegawa): 新潟医療福祉大学 講師


2019年度 大学院生・卒研生
【院生(博士後期課程:D, 前期課程:M)】
(D2) 吉田皓文
(M2) 小野寺崇
(M2) ヨウ カンエイ(Yang Hanrui)
(M1) 二木来菜

【卒研生】
(B4)河合ひかる
(B4)梨木大夢
(B4)立木満理奈
(B4)石橋琢人
(B4)ソン ウヨウ(Sun Yuyang)

2018年度 大学院生・卒研生
【院生(博士後期課程:D, 前期課程:M)】
(D3) 大村知巳:4D-CT の画質改善と新たな虚血評価手法の開発に関する研究
公刊物
  1. Temporal averaging method for higher-quality cerebrovascular 4D-CTA, (Tomomi Ohmura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, Hideto Toyoshima, Yuichiro Sato, Takato Ishida), Journal of Medical Imaging and Health Informatics (JMIHI), vol.8, no.5, pp.1064-1068, June. 2018. (pdf)
    学会発表
  1. 急性期脳虚血におけるsequential subtractionを用いた病態評価の検証, (大村知己,李鎔範,高橋規之,佐々木文昭,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊嶋英仁), 日本CT技術学会第6回学術大会, 名古屋, 6/30, 2018.
  2. Detection of ischemic core: Technological of noncontrast CT and image analysis of contrast CT, (Tomomi Omura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, Toshibumi Kinoshita, Mamoru Kato, Yuki Shinohara, Hideto Toyoshima), RSNA2018 (104th Scientific Assembly and Annual Meeting of the Radiological Society of North America), Chicago, Nove 25-30, 2018.
  3. Detection of the ischemic core in multi phase-CT angiography: Validation of patients with acute ischemic stroke, (Tomomi Omura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, Toshibumi Kinoshita, Mamoru Kato, Yuki Shinohara, Hideto Toyoshima), RSNA2018 (104th Scientific Assembly and Annual Meeting of the Radiological Society of North America), Chicago, Nove 25-30, 2018.
(D1) 吉田皓文
(M2) 古海奈名子:機械学習による超音波画像における乳児股関節状態の自動分類に関する研究
    学会発表
  1. U-Netによる領域抽出を用いた乳児股関節超音波画像のGraf法に対応する分類, (古海奈名子、李鎔範、長谷川晃、皆川靖子、関川高志、伊賀利朗), 医用画像情報学会平成30年度春季(第183回)大会, 京都, 1/26, 2019.
(M1) 小野寺崇
(M1) ヨウ カンエイ(Yang Hanrui)
    学会発表
  1. Ai-CT画像における蝶形骨洞エッジ情報に基づく個人識別法の開発, (楊瀚鋭、李鎔範、長谷川晃、高橋直也), 医用画像情報学会平成30年度春季(第183回)大会, 京都, 1/26, 2019.

【卒研生】
(B4)五十嵐洋輔:深層学習による冠動脈 CT 画像の画質改善
(B4)野口映花:深層学習による心臓血管撮影動画像のモーションアーチファクト除去
    学会発表
  1. 深層学習による心臓血管撮影動画像のモーションアーチファクト除去, (野口映花、長谷川晃、李鎔範), 医用画像情報学会平成30年度春季(第183回)大会, 京都, 1/26, 2019.
(B4)渡邉祐弥:生前・死後CT画像における胸椎形状情報に基づく個人照合法の開発
    学会発表
  1. Development of identification method using thoracic vertebras shapes on ante-mortem and post-mortem CT Images, (Yuuya Watanabe, Yongbum Lee, Akira Hasegawa, Naoya Takahashi), The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Radiological Technology, yokohama, 11-14 April, 2019.
(B4)金澤雄大:頭部 CT 画像における眼窩外耳孔線に沿った断面自動再構成法の性能評価
    学会発表
  1. Performance evaluation of automated reconstruction method for planar image along orbitomeatal line on head CT images, (Yudai Kanazawa, Yongbum Lee, Akira Hasegawa, Noriyuki Takahashi, Naoya Takahashi), The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Radiological Technology, yokohama, 11-14 April, 2019.
(B4)藤田直人:深層学習による乳児股関節の超音波画像診断のための至適断面像の自動認識
    学会発表
  1. Automated recognition of suitable images on ultrasonographic diagnosis of infant hip using deep learning, (Naoto Fujita, Yongbum Lee, Akira Hasegawa, Yasuko Minagawa, Takashi Sekikawa, Toshiro Iga), The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Radiological Technology, yokohama, 11-14 April, 2019.
(B4)土屋龍太郎:深層学習による腹部 CT 画像における肝臓領域の自動抽出
    学会発表
  1. U-Net-based segmentation of liver region in abdominal CT images, (Ryutarou Tsuchiya, Yongbum Lee, Akira Hasegawa, Takeshi Hara), The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Radiological Technology, yokohama, 11-14 April, 2019.
(B4)二木来菜:深層学習を用いた冠動脈 CT における石灰化とステントの分類精度改善
    学会発表
  1. 深層学習を用いた冠動脈CTにおける石灰化とステントの分類精度向上, (二木来菜,長谷川晃,李 鎔範,吉村宣彦), 医用画像情報学会平成30年度秋季(第182回)大会, 熊本, 10/13, 2018.

2017年度 大学院生・卒研生
【院生(博士後期課程:D, 前期課程:M)】
(D2) 大村知巳
    受賞
  1. 「優秀演題銀賞」受賞,第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 広島, 10/19-21, 2017.
    公刊物
  1. 頭部4D-CTの位相比画像マップを用いた新たな灌流評価法, (大村知巳, 李鎔範, 高橋規之, 豊嶋英仁), 日本放射線技術学会雑誌, vol.73, no.11, pp.1125-1131, 2017.(pdf)
    学会発表
  1. Usefulness of a phase-ratio image map for cerebral ischemic disease in 4D-CT: comparison with a PET image, (Tomomi Ohmura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, Fumiaki Sasaki, Yuichiro Sato, Takato Ishida, Hideto Toyoshima), The 73rd Annual Meeting of the Japanese Society of Radiological Technology, Yokohama, Japan, 4/13-16, 2017.
  2. 4D-CTの位相比画像を用いた急性期脳梗塞の虚血評価, (大村知己, 李鎔範, 高橋規之, 豊嶋英仁), 第179回医用画像情報学会, 秋田市,10/7,2017.
  3. 4D-CTの位相比画像を用いた脳梗塞領域の決定, (大村知己, 李鎔範, 高橋規之, 豊嶋英仁), 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 広島, 10/19-21, 2017.
  4. A novel perfusion map for assessment of brain ischemia in 4D-CT: Comparison with PET image, (T Ohmura, N Takahashi, Y Lee, M Kato, H Toyoshima, T Kinoshita), RSNA2017, Chicago, Nov 26-Dec 1, 2017.
  5. The Assessment of Contrast Media Circulation in Brain Ischemia with the Use of 4D CT Imaging, (T Ohmura, N Takahashi, Y Lee, H Toyoshima, T Kinoshita), RSNA2017, Chicago, Nov 26-Dec 1, 2017.
  6. 頭部4D-CTの位相比画像を用いた脳梗塞および虚血領域の評価手法, (大村知己, 李鎔範, 高橋規之, 豊嶋英仁,木下俊文), 第41回日本脳神経CI学会総会, 新潟, 3/2-3, 2018.
(M1) 古海奈名子
    学会発表
  1. テクスチャ特徴に基づく乳児股関節超音波画像におけるGraf法に対応する分類, (古海奈名子, 李鎔範, 長谷川晃, 皆川靖子, 伊賀敏朗), 医用画像情報学会平成29年度秋季(第179回)大会, 秋田, 10/7, 2017.
(研究生) ヨウ カンエイ(Yang Hanrui)

【卒研生】
(B4)井上萌:左心室の形態情報に基づいた心臓CTにおける最適心位相決定法
(B4)斎藤優希:Detectability indexを用いた4DCT撮影におけるシステム性能評価
(B4)谷川峻:生前・死後CT画像における脊椎形状情報に基づく個人同定の試み
(B4)與久田有三:4DCTにおける脳動脈閉塞および脳動脈狭窄の自動分類法
(B4)渡邉光希:Bilateral filterを用いた心臓血管撮影装置における動画像の画質改善
(B4)山田朋奈:深層学習による両側前腕X線画像の左右および方向の自動認識
(B4)竹内悠:深層学習を用いた冠動脈CTにおける石灰化とステントの自動分類
    学会発表
  1. 機械学習を用いた冠動脈CTにおける石灰化とSTENTの自動分類, (竹内悠, 長谷川晃, 李鎔範), 医用画像情報学会平成29年度秋季(第179回)大会, 秋田, 10/7, 2017.

2016年度 大学院生・卒研生
【院生(博士後期課程:D, 前期課程:M)】
(D1) 大村知巳
    受賞
  1. 「学術奨励賞」受賞,日本放射線技術学会東北支部, 秋田,10/22,2016.
    公刊物
  1. Low dose CT perfusion using hybrid iterative reconstruction algorithm, (Tomomi Ohmura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, Hideto Toyoshima, Toshibumi Kinoshita), Proc of International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), pp.114-116, Naha, Japan, January 19-20, 2017.
    学会発表
  1. 加算平均画像による頭部3D-CTAの画質特性評価,(大村知己,李 鎔範,高橋規之,佐々木文昭,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊嶋英仁),日本CT技術学会第4回学術大会,大阪,6/25,2016.
  2. 頭部4D- CT画像の加算処理を用いた新しい虚血評価手法の提案,(大村知己,李鎔範,高橋規之,佐々木文昭,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊島英仁),第44回日本放射線技術学会秋季学術大会,さいたま市,10/13-15,2016.
  3. Low dose CT perfusion using hybrid iterative reconstruction algorithm, (Tomomi Ohmura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, Hideto Toyoshima, Toshibumi Kinoshita), International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), Naha, Japan, January 19-20, 2017.
【卒研生】
(B4)飯島祐希:頭部4D-CTにおける脳虚血領域の自動検出アルゴリズムの開発
(B4)大澤由瑛:Convolutional neural networkによる乳児股関節の超音波画像の分類
(B4)斎藤将太:非剛体レジストレーションを用いた心臓CTにおける冠動脈動態解析の試み
(B4)中谷翔人:循環器用血管撮影装置における冠動脈撮影の適正フレームレートの検討
(B4)古海奈名子:4D-CTにおける時間軸のノイズ特性評価

2015年度 大学院生・卒研生
【院生(博士後期課程:D, 前期課程:M)】
(M2) 大村知巳:頭部4D-CTにおける低被ばく化と画質改善に関する研究
    学術論文
  1. 4D-CTの画質改善を目的とした時間軸加算平均処理の基礎的検討 −脳血管動態における加算平均時間の影響−, (大村知己, 李鎔範, 高橋規之, 佐藤祐一郎, 石田嵩人, 豊嶋英仁), Proceedings of the JSCT, vol.3, pp.1-5, 2015.
  2. 画像再構成法の違いが低線量CT perfusionの画質に及ぼす影響 −模擬動態画像を用いた観察者実験−, (大村知己, 李鎔範, 高橋規之, 佐藤祐一郎, 石田嵩人, 豊嶋英仁), 日本放射線技術学会雑誌, vol.71, no.11, pp.1063-1069, November 2015.
    学会発表
  1. 経時的加算平均処理による脳CT perfusionの画質改善の検討,(大村知己,李鎔範,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊島英仁,中泉航哉),第71回日本放射線技術学会総会学術大会,横浜,4/16-19,2015.
  2. 4D-CTの画質改善を目的とした時間軸加算平均処理の基礎的検討 −脳血管動態における加算平均時間の影響−,(大村知己,李鎔範,高橋規之,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊島英仁),日本CT技術学会第3回学術大会,東京,6/27,2015.
  3. 脳 CT perfusionの時間要素パラメータにおける加算平均処理の検討,(大村知己,李鎔範,高橋規之,佐藤祐一郎,石田嵩人,佐々木文昭,加藤守,豊島英仁),第43回日本放射線技術学会秋季学術大会,金沢,10/8-10,2015.
  4. 4D-CTにおける画像加算による画質改善処理の物理特性評価,(大村知己,李鎔範,高橋規之,豊島英仁),医用画像情報学会平成27年度春季(第174回)大会,広島,2/6,2016.
  5. Can iterative reconstruction contribute to low dose CT perfusion?, (Tomomi Ohmura, Yongbum Lee, Noriyuki Takahashi, et al),European Congress of Radiology 2016,Vienna, 3/2~3/6, 2016.
【卒研生】
(B4)佐藤祐香:骨盤部X線画像における骨折部位検出のための画像特徴量の模索
(B4)谷口菜々:テクスチャー特徴を用いた超音波画像における乳児股関節の状態分類
(B4)豊田悠里:コミュニケーションロボット介入時のマンモグラフィ被検者の自律神経活動の測定
(B4)藤井悠斗:循環器用血管撮影装置の動画像から測定したFPDの物理評価
(B4)山田淳貴:CT装置の逐次近似再構成における低コントラスト信号の検出能評価のためのROC解析

2014年度 大学院生・卒研生
【院生(博士後期課程:D, 前期課程:M)】
(M1) 大村知巳
    学会発表
  1. 逐次近似応用再構成法による低線量CT灌流画像の視覚評価,(大村知己,李鎔範,高橋規之,豊島英仁),医用画像情報学会平成26年度秋季(第170回)大会,岐阜,10/4,2014.
  2. 線量低減によるCT-perfusionマップの視覚的影響とIR応用方の有用性,(大村知己,李鎔範,高橋規之,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊島英仁),第42回日本放射線技術学会秋季学術大会,札幌,10/9-11,2014.
  3. 単純CT画像におけるアルツハイマー病診断支援システムの開発,(高橋規之,大村知己,木下俊文,李鎔範,松山江里,豊嶋英仁,蔡篤儀),第42回日本放射線技術学会秋季学術大会,札幌,10/9-11,2014.
  4. 頭部4D-CTAにおける逐次近似応用再構成法の有用性,(大村知己,李鎔範,高橋規之,佐藤祐一郎,石田嵩人,豊島英仁),第4回東北放射線医療技術学術学会,新潟,10/25-26,2014.
  5. How to Obtain a Digital Perfusion Phantom to Evaluate the Effect of Iterative Reconstruction Methods on Noise Reduction in Brain CT Perfusion, (Tomomi Ohmura, Noriyuki Takahashi, Hideto Toyoshima, Yongbum Lee, Toshibumi Kinoshita), 100th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (RSNA2014), Chicago, USA, November 30 - December 5, 2014.
【卒研生】
(B4)永井佳奈枝:マンモグラフィ受検者の身体負荷定量化のための瞳孔径の計測
(B4)前野貴史:白質-灰白質の模擬ファントムを使用したnon-local mean filterの性能評価
(B4)真野力札:頭部CT画像における急性期脳梗塞の自動検出のための識別器の比較検討

2013年度以前

Last update : 2019年04月18日 16:24