シェアード・ディシジョン・メイキング ワークショップ

有森科研・意思決定支援勉強会の共催により「SDM(シェアード・ディシジョン・メイキング)ワークショップ」が3月24日に聖路加国際大学 大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センターで開催されました。

今回は、SDM研究の世界的リーダーであるオタワ大学より、SDMワークショップのご経験豊富なLaura Boland先生をお招きし、ワークシートを用いたグループワークを行いSDMの実践についてご教授いただきました。

実際にオタワ個人意思決定ガイドを用いてロールプレイを体験することで、より実際の現場におけるSDMを意識できたワークショップとなりました。