「行動経済学と意思決定」講演会を開催しました

有森科研・意思決定支援勉強会共催の講演会「行動経済学と意思決定」が開催されました。

患者の意思決定や行動変容の支援に困難を感じる医療者は少なくありません。
なぜ、医療を受ける患者さんは、時に不合理とも感じる意思決定をするのでしょうか?
平井啓先生をお招きして、人の意思決定がなぜ不合理なのか、行動経済学の視点から講演をいただきました。

  • 日時:2018年2月17日(土) 10:00~11:00
  • 場所:聖路加国際大学

詳しい内容は、以下のチラシをご覧ください。