佐藤拓一  Takuichi Sato  検査技術科学専攻

プロフィール

佐藤拓一
【職名】
教授
【専門分野】
臨床化学
【連絡先】
(TEL) 025-227-0823
(E-MAIL) tak★clg.niigata-u.ac.jp
(★を@に置き換えてください)
【メッセージ】
【学部教育(保健学科)】
臨床化学(病態化学分析学)、医学検査機器概論、分析系検査管理論を主に担当しています。

【自己紹介】
新潟県(上越市)生まれで、新潟大学に15年ほどお世話になった後、米国留学を経て、仙台に17年間。2016年春から、再び、新潟大学にお世話になっています。これまでの経験を活かし、保健学科ならびに検査技術科学専攻に貢献すべく、検査技術科学領域の研究に邁進する所存です。現在、学内はもとより、学外・他分野の先生方(医歯薬看護)との共同研究を展開しています。

【Topics(お知らせ)】

【学部生・募集!】(連絡先;佐藤拓一 tak★clg.niigata-u.ac.jp)

学部生時代に、(学外で)学会発表を経験してみませんか?

当研究室では、「卒業研究」が始まる少し前から、研究室に出入りする「研究室実習」を推奨しています(←学会発表の申し込みに間に合わせるために、少し「時間」が必要ということもあり)。卒業研究のテーマを(学内の)研究発表会で終わらせずに、(学外での)学会発表に結実させることを目標にしています。実験して→結果をまとめて、学会に申し込み→学会発表する→同じ志の、他大学の学生や研究者と討論する! そんな経験をしてみませんか?

(学会の開催地:新潟から少し離れた地であることが多いです;なので、少し観光ができるかも!?!)

* 併せて、夏季休暇や春季休暇の期間に、1ヶ月間程度の海外(研究室)留学(こちらは自費ですが ! 例:英国ロンドン)を希望する学生さんも、連絡をお寄せ下さい。

【Publications】

●Quispe-Salcedo A, Sato T, Matsuyama J, Ida-Yonemochi H, Ohshima H: Responses of oral-microflora-exposed dental pulp to capping with a triple antibiotic paste or calcium hydroxide cement in mouse molars. Regen Ther 15: 216-225, 2020. [Press release]

●Sato-Suzuki Y, Washio J, Wicaksono DP, Sato T, Fukumoto S, Takahashi N: Nitrite-producing oral microbiome in adults and children. Sci Rep 10: 16652 (11 pages), 2020.  [Press release]

Sakashita R, Ono H, Sato T, Takami M, Kim W, Nakanishi E, Kusumoto H, Hamasaki M, Hamada M: Effects of dining-focused life enhancement program in welfare facilities for seniors in Japan. Asian/Pacific Island Nursing Journal 5(2): 63-72, 2020.

Sakashita R, Sato T, Ono H, Hamaue A, Hamada M: Impact of the consistency of food substances on health and related factors of residents in welfare facilities for seniors in Japan. Dent J 8(1): 9 (10 pages) 2020.