齋藤正敏  Masatoshi Saito  放射線技術科学専攻

プロフィール

【職名】
教授
【専門分野】
医用物理学、物質構造科学
【連絡先】
(TEL&FAX) 025-227-0964
(E-MAIL) masaito★clg.niigata-u.ac.jp
(★を@に置き換えてください)
【メッセージ】
私は医療とまったく畑違いの分野出身です。しかし、門外漢ゆえに必要以上の常識にとらわれることなく、自由な発想をもって医療にかかわる研究をおこなえていると思っています。研究者にとって四六時中考え続けることは非常に大切です。その努力の多くはムダ(しかし必要)に終るかもしれませんが、あるとき思考が飛躍的に進む瞬間があります。その瞬間の喜びをみなさんも是非経験してほしいものです。

WHAT’S NEW !?

  • 2017年8月11日:論文「Simplified derivation of stopping power ratio in the human body from dual-energy CT data」が国際雑誌 Medical Physicsの『Open Access Articles』の一つに選ばれました。詳細はこちら
  • 2017年7月8日:論文「Simplified derivation of stopping power ratio in the human body from dual-energy CT data」が国際雑誌 Medical Physicsの『Most Accessed – Past 3 months』にランクインしました。詳細はこちら
  • 2017年6月30日:論文「Simplified derivation of stopping power ratio in the human body from dual-energy CT data」が国際雑誌 Medical Physics にRecently Publishedとしてonline掲載されました。詳細はこちら
  • 2017年5月29日:論文「Simplified derivation of stopping power ratio in the human body from dual-energy CT data」が国際雑誌 Medical Physics にAccepted Manuscriptとしてonline掲載されました。詳細はこちら
  • 2017年5月15日:論文「A simple formulation for deriving effective atomic numbers via electron density calibration from dual-energy CT data in the human body」が国際雑誌 Medical Physicsの『Most Accessed – Past 3 months』にランクインしました。詳細はこちら
  • 2017年5月4日:論文「A simple formulation for deriving effective atomic numbers via electron density calibration from dual-energy CT data in the human body」が国際雑誌 Medical Physics にRecently Publishedとしてonline掲載されました。詳細はこちら
  • 2017年2月25日:論文「A simple formulation for deriving effective atomic numbers via electron density calibration from dual-energy CT data in the human body」が国際雑誌 Medical Physics にAccepted Manuscriptとしてonline掲載されました。詳細はこちら
  • 2016年4月:平成28年度科研費・基盤研究(C)「簡便かつ安価なDual-Energy CT用電子密度校正ファントムの開発」の交付が内定しました。
  • 2015年6月:論文「Technical Note: Relation between dual-energy subtraction of CT images for electron density calibration and virtual monochromatic imaging」が国際雑誌 Medical Physics に掲載されました。詳細はこちら
  • 2015年2月:研究室院修了生(月原君)の論文「Initial implementation of the conversion from the energy-subtracted CT number to electron density in tissue inhomogeneity corrections: An anthropomorphic phantom study of radiotherapy treatment planning」が国際雑誌 Medical Physics に掲載されました。詳細はこちら
  • 2014年7月:論文「Technical Note: Exploring the limit for the conversion of energy-subtracted CT number to electron density for high-atomic-number materials」が国際雑誌 Medical Physics の『Most Read This Month – June 2014』の5傑に入りました。詳細はこちら
  • 2014年6月:論文「Technical Note: Exploring the limit for the conversion of energy-subtracted CT number to electron density for high-atomic-number materials」が国際雑誌 Medical Physics に掲載されました。詳細はこちら
  • 2013年4月:研究室院生(M2月原君)の論文「Conversion of the energy-subtracted CT number to electron density based on a single linear relationship: an experimental verification using a clinical dual-source CT scanner」が国際雑誌 Physics in Medicine and Biology に掲載されました。詳細はこちら
  • 2013年4月:平成25年度科研費・基盤研究(C)「放射線治療計画におけるDual Energyを用いた新しいCT値-電子密度変換」の交付が内定しました。
  • 2012年5月:論文「Potential of dual-energy subtraction for converting CT numbers to electron density based on a single linear relationship」が国際雑誌 Medical Physics の『Top 20 Most Read Articles of Medical Physics – April 2012』にランクイン(第7位)しました。詳細はこちら
  • 2012年3月:論文「Potential of dual-energy subtraction for converting CT numbers to electron density based on a single linear relationship」が国際雑誌 Medical Physics に掲載されました。詳細はこちら
  • 2011年7月:論文「Optimized low-kV spectrum of dual-energy CT equipped with high-kV tin filtration for electron density measurements」が国際雑誌 Medical Physics の『Top 20 Most Read Articles of Medical Physics – June 2011』にランクイン(第12位)しました。詳細はこちら
  • 2011年6月:論文「Optimized low-kV spectrum of dual-energy CT equipped with high-kV tin filtration for electron density measurements」が米国物理学協会(AIP) と米国物理学会 (APS) が共同発行している Virtual Journal of Biological Physics Research に選出されました。詳細はこちら
  • 2011年5月:論文「Optimized low-kV spectrum of dual-energy CT equipped with high-kV tin filtration for electron density measurements」が国際雑誌 Medical Physics に掲載されました。詳細はこちら