博士後期課程の紹介

理念

保健学は,人々の健康,疾病並びに障害を研究し,健康と福祉の向上に寄与することを追及する学問であり,医学や医療学だけでなく,社会学,心理学及び社会福祉学などを包括する総合的かつ学際的な科学とされている。本保健学研究科博士後期課程の理念は,看護学,放射線技術科学及び検査技術科学の各分野がそれぞれの立場から,個人並びに集団における健康支援と疾病の予防を積極的に推進し,健康寿命の延伸と生命・生活の質の向上をはかることを通して,学際的科学である保健学の発展に貢献することである。かかる理念に沿って,3分野は独自の手法と創造性をもって,健康支援に結びつく保健学の体系化と健康に関連する生命現象の探究を遂行する。

目的及び人材養成

創造的な研究能力を有する以下の人材を養成することを目標とする。

 

1.研究者の育成

保健学という共通基盤の上に立脚し,看護学,放射線技術科学並びに検査技術科学それぞれの分野における学問体系の確立と技術の開発を積極的に推進し,特化した専門領域において,第一人者となるような研究者を育成する。

 

2.教育者の育成

保健学に関する広い学識と専門領域における高い見識並びに優れた研究能力を有し,医療専門職者の養成に貢献できる教育者を育成する。

 

3.高度医療専門職者の育成

博士前期課程で培われた高度の専門的能力をさらに高め,保健医療の実践の場において指導的・専門的立場から実務を遂行し,自立的な研究が併行して行える人材を育成する。

 

以上に示した人材の育成を通して広く健康支援と疾病予防に寄与し,地域医療の質の向上に貢献すると共に,海外との学術的交流を推進し,その成果を世界に発信することを目指す。

カリキュラム