新着情報

東北次世代がんプロ養成プラン「第5回がんプロセミナー」のご案内(2月19日開催)

2018年2月19日(月)18時~19時まで,東北次世代がんプロフェッショナル養成プラン事業として,

第5回がんプロセミナー「次世代の多様なニーズに応えるがん看護」を開催いたします.

講師として,京都大学大学院医学研究科緩和ケア・老年看護学分野教授,がん看護専門看護師の田村恵子先生をお招きします.

場所は,新潟大学医歯学総合病院12階小会議室(〒951-8520 新潟市中央区旭町通1番町754番地)です.

申し込み不要で自由参加です.

詳細は,がんプロ_看護セミナーポスター を御覧ください.

皆様のご参加をお待ちしております.

平成30年度(4月期生)新潟大学履修証明プログラム(次世代対応 医学物理士短期臨床研修コース)の募集につきまして

新潟大学では,平成28年10月より,既に勤務する医学物理士が履修可能な「医学物理士臨床研修インテンシブコース」を履修証明プログラムとして新たに開設し,高精度放射線治療における臨床業務上のスキルアップの機会を提供しています。(平成30年度から「次世代対応医学物理士短期臨床研修コース」に名称変更。)本コースでは放射線治療計画の立案と確認,線量検証業務についての臨床研修を行うとともに,同項目の理論的背景について深く理解するための講義も実施します。また,「IAEA医学物理レジデントガイドライン」に基づいた世界標準の尺度で到達度の評価を行います。

応募について
1.募集期間
 平成30年2月1日(木)から平成30年2月16日(金)17時まで(必着)

2.提出先
 〒951-8518
  新潟県新潟市中央区旭町通2 番町746
   新潟大学医学部保健学科学務係(TEL:025-227-2357)

3.募集要項等
  応募案内,申請書類の様式は下記からダウンロードしてください。

新潟大学履修証明プログラム(医学物理士臨床研修インテンシブコース)履修生募集要項

履修希望届,履修希望理由書及び活動実績

東北次世代がんプロ養成プラン「4大学合同セミナー」を開催(1月20日)

2018年1月20日(土)13時より東北次世代がんプロフェッショナル養成プラン事業として,「4大学合同学生セミナー」を開催いたします.

場所は「新潟医療人育成センター」(新潟大学医学部医学科の赤門を入ってすぐ;新潟市中央区旭町通1番町757番地)です.

申し込み方法,演題,講師の詳細は,ガンプロ4大学合同セミナー20180120_パンフを御覧ください.

皆様のご参加をお待ちしております.

大学院保健学研究科の国際シンポジウムを開催(2月20日)

このたび,新潟大学大学院保健学研究科GSH研究実践センターと国際交流委員会の共催で,2018年2月20日(火)に「Technology Supporting Medical Care -医療を支える技術-」をテーマに国際シンポジウムを開催いたします. 一般の方,学生,医療者,どなたでも参加できますので,ぜひご参加ください.たくさんの皆さまの参加をお待ちしております.

保健学研究科の大学院生(M2池田菫)がJoint International Tropical Medicine Meeting (JITMM)2017でConsolation Prizeを受賞しました

保健学研究科検査技術科学専攻の博士前期課程2年生の池田菫さんが2017年12月6-8日に、タイ王国バンコクで開催された国際学会Joint International Tropical Medicine Meeting (JITMM)2017においてポスター発表121演題の中からConsolation Prizeを受賞しました。

 演題名:Zoonotic helminthes in Okinawa main island, Japan

 この発表では,沖縄本島において実施したヤギや野菜類を用いての人獣共通感染性蠕虫の分布状況について形態学的・遺伝子学的に調べた結果を報告しました。

本研究は「沖縄県感染症拠点形成促進プロジェクト」の一部として実施されています。

第3回同窓生保健師交流会(ホームカミングデー)を開催します(2018年1月20日)

本学の看護学専攻を卒業され、保健師としてご活躍されている皆様の実践力の向上や情報交換の機会として平成30年1月20日(土)に第3回ホームカミングデーを開催します。この会をきっかけにネットワークをさらに広げ、お互いに高め合っていけたらと考えております。詳細は、開催概要をご覧ください。

第3回ホームカミングデーのご案内 ←開催概要になりますので、クリックしてください。

保健学研究科の大学院生(D2大村知己)が第45回日本放射線技術学会秋季学術大会で優秀演題銀賞を受賞しました

保健学研究科放射線技術科学専攻の博士後期課程2年生の大村知己さんが第45回日本放射線技術学会秋季学術大会において口述発表343演題,ポスター発表162演題の中から優秀演題銀賞を受賞しました.

演題名:4D-CTの位相比画像を用いた脳梗塞領域の決定

この発表では,特定のソフトウェアや解析方法に依存しない新しい灌流評価用画像[位相比画像(phase ratio map: PR map]を新たに提案し,その画像が急性期脳梗塞の治療方針を選択する上で有用な情報をもたらす可能性があることを示しました.


CNSコース(博士前期課程)のご案内を更新しました

保健学研究科では、「慢性疾患看護」「がん看護」「母性看護」「地域看護」に、新たに「遺伝看護」を加えた計5分野のCNS(専門看護師)コースを設置しています。

臨床で勤務する中で、さらに知識や技術を深めたいという思いを抱かれている看護職の皆様には、本学の博士前期課程で研鑽し、CNSの資格を取得して看護実践のスペシャリストを目指すことを是非ご検討ください。

 >> 詳しいご案内はこちらをご覧ください。

GSH研究実践センター市民公開講座「知っておきたい乳がんと甲状腺がんの放射線治療」を開催(11月11日)

GSH研究実践センターでは、市民公開講座を下記の通り開催いたします。
詳細は、ご案内ポスターをご覧ください。

「知っておきたい 乳がんと甲状腺がんの放射線治療」
日時:平成29年11月11日(土) 10:30-12:00
場所:新潟大学駅南キャンパスときめいと 講義室B(新潟市中央区笹口1丁目1番地プラーカ1 二階)
定員:30名(申込不要・参加費無料)


地域看護CNSからのコンサルテーションによる事例検討会(第2回)を開催します(2018年1月20日)

地域看護専門看護師(CNS)からのコンサルテーションによる事例検討会(第2回)を平成30年1月20日(土)に開催します。
主に新任期にある保健師の方を対象に、実践事例の発表と地域看護CNSからのコンサルテーションを通して、実践能力の向上をめざします。
さあ、あなたも実践事例をとおして保健師固有の技術を学びましょう!

詳細は以下をご覧ください → H29年度新任期事例検討会(第2回)のご案内