未分類

朝日新聞社主催の「プロフェッサー・ビジット」で坂本 信 教授が出張講義を行いました

国公立大学の教員が全国各地の高校を訪れ、最先端の研究成果や学問の楽しさを伝える企画「プロフェッサー・ビジット」(主催:朝日新聞社)で、この秋、放射線技術科学専攻の坂本 信 教授が愛知県で、出張講義を行いました。当日の講義の様子が、朝日新聞の朝刊(2017年12月22日付け)に掲載されました。

テーマ「骨・関節の構造および機能と先端研究」

坂本 信 新潟大学 医学部保健学科 バイオメカニクス研究室教授 副学長
[出身地]愛知県 [出身高校]愛知県立一宮西高校
さかもと・まこと/1989年新潟大学大学院自然科学研究科博士課程修了、米国Johns Hopkins大学医学部整形外科客員研究員を経て2000年4月から現職。主として、整形外科バイオメカニクスなどに関する教育・研究に従事。日本臨床バイオメカニクス学会評議員、日本機械学会フェロー、日本生体医工学会バイオメカニクス研究会委員長、日本実験力学会会長等を歴任。16年から新潟大学副学長(入試・広報・高大接続担当)。
 [受賞] 日本臨床バイオメカニクス学会優秀論文賞(2015年)、 日本機械学会北陸信越支部賞(優秀講演賞)(2016年)、日本実験力学会功績賞(2017年)ほか多数。

保健学科の卒業生のインタビュー記事が『新大広報』に掲載されました(2017年12月発行)

『新大広報』2017年冬号[No. 205](2017年12月発行)に、保健学科の卒業生(看護学専攻)のインタビュー記事(Interview!! 自分の居場所 -OB・OG編-)が掲載されました。

詳細は、『新大広報』のWeb siteをご覧ください。

保健学科の学生が、2年連続で、全日本大学駅伝に出場しました(11月5日)

保健学科の学生が、新潟大学のチームの一員として、2年連続で、全日本大学駅伝対校選手権に出場しました(2017年11月5日)。チームのメンバー紹介および当日の様子が、2017年11月4日(土)、6(月)の朝日新聞の朝刊に掲載されました。

CNSコース(博士前期課程)のご案内を更新しました

保健学研究科では、「慢性疾患看護」「がん看護」「母性看護」「地域看護」に、新たに「遺伝看護」を加えた計5分野のCNS(専門看護師)コースを設置しています。

臨床で勤務する中で、さらに知識や技術を深めたいという思いを抱かれている看護職の皆様には、本学の博士前期課程で研鑽し、CNSの資格を取得して看護実践のスペシャリストを目指すことを是非ご検討ください。

 >> 詳しいご案内はこちらをご覧ください。

COC+高度実践看護師等育成事業「地域看護CNSとの事例検討会」を開催

COC+社会人学び直しWGでは、平成29年度高度実践看護師等育成事業として、「地域看護CNSとの事例検討会:困難事例にどう対応するか―事例検討から事例への支援・対応力を高める―」を下記の通り開催します。詳しくは案内ポスターをご覧ください。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時:平成29年9月2日(土)10:00-12:00
場所:新潟大学医学部保健学科
参加申込み:平成29年8月25日(金)まで

平成29年度地域看護CNSとの事例検討会

大学院博士後期課程(検査技術科学分野)の佐藤茉美さんが、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムに採用されました

 検査技術科学分野の佐藤茉美さん(大学院博士後期課程2年生)が、この度、(独)日本学生支援機構による、平成29年度後期(第7期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~に採用されました。佐藤さんは、免疫系における酸化ストレス応答関連タンパク質の機能解析および酸化ストレスで誘導される新しい細胞死の分子メカニズムに関する研究のため、今年度から来年度に掛けて、9ヶ月間、ミュンヘンヘルムホルツ研究センター(ドイツ)のMarcus Conrad博士の研究室に滞在し、研究に従事する予定です。

  なお、昨年度も検査技術科学分野の池田 菫さん(博士前期課程1年生、当時)が、同プログラムに採用されています。池田さんは、マヒドン大学 (タイ)大学院熱帯医学研究科において、1) 国際コース(英語による講義や実習)の受講、2) 寄生虫症蔓延地域へのフィールド調査、3) 農作物における土壌伝播寄生虫の汚染実態に関する研究(修士論文の一部)に従事しました。

朝日新聞社主催の「プロフェッサー・ビジット」で保健学科の坂本 信 教授がエントリーされています

国公立大学12校の多彩な教員が行う出張講義「プロフェッサー・ビジット」(主催:朝日新聞社,2017年9月1日~11月30日実施予定)に、放射線技術科学専攻の坂本 信 教授がエントリーされています。「プロフェッサー・ビジット」は、「今、受けてほしい12大学の最先端授業をあなたの高校で」と題して、朝日新聞社が、現在、全国の高校から参加校を募っています。

【骨・関節の構造および機能と先端研究】
本授業では、整形外科学で扱う骨と関節について、バイオメカニクス(生体力学)的観点からその構造と機能を解説するとともに、骨粗鬆症や変形性膝関節症の病態と診断法および最前線の研究について分かりやすく講義します。

 

坂本 信 新潟大学 医学部保健学科 バイオメカニクス研究室教授 副学長
[出身地]愛知県 [出身高校]愛知県立一宮西高校
さかもと・まこと/1989年新潟大学大学院自然科学研究科博士課程修了、米国Johns Hopkins大学医学部整形外科客員研究員を経て2000年4月から現職。主として、整形外科バイオメカニクスなどに関する教育・研究に従事。日本臨床バイオメカニクス学会評議員、日本機械学会フェロー、日本生体医工学会バイオメカニクス研究会委員長、日本実験力学会会長等を歴任。16年から新潟大学副学長(入試・広報・高大接続担当)。

「大学院生の一日」を公開しました

大学院生がどんな学生生活をすごしているのか、あまり知られていないようです。
 そこで、教員が保健学研究科の大学院生にインタビューを敢行しました!
看護、放射、検査の各分野の院生に、「どんな研究をしているの?」「典型的な一日のスケジュールは?」
 「将来の夢は?」「院生生活の楽しいことや苦労は?」などなどを語っていただきました。
みなさん、大変ながらもマジメで充実した院生ライフを送っているようです。
 インタビューに快く応じていただいた皆さま、ありがとうございます!

 >> 大学院進学を考えている方、あるいは大学院ってどんなところなのか、
  すこしだけ垣間見てみたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください !!

Canada Study Tour 2017が行われました

11回目となるCanada Study Tour 2017が、3月18日から26日に行われました。

カナダ、オンタリオ州ハミルトン市にあるMcMaster大学での研修が中心です。今回は、看護学専攻2名、放射線技術科学専攻と検査技術科学専攻の学生がそれぞれ1名と引率教員2名が参加しました。

1960年代からPBL教育をはじめているMcMaster大学では、教員の指導のもとで学生が主体的に学んでいく方法がカリキュラム全体で採用されています。実際にその方法を演習させていただくなど、貴重な経験をしてきました。

Canada Study Tour 2017については、McMaster大学のホームページにも掲載されています。 どうぞご覧ください。
http://globalhealth.mcmaster.ca/news-and-events/news/2017/global-health-office-welcomes-niigata-delegation-annual-learning-exchange

平成27年度 大学院保健学研究科(博士前期・後期課程)学生募集要項を公表しました