スリランカ留学生が参加した、ダイバーシティ事業による研究論文が掲載されました

看護学専攻の内山美枝子先生が文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)連携 型共同研究スタートアップ支援制度」の助成を受けて(株)タケショーとの共同で行い、スリランカからの短期留学生も参加して行った研究内容の一部がヨーロッパ臨床栄養代謝学会(ESPEN)の機関紙の1つであるClinical Nutrition Experimental (https://www.clinicalnutritionexperimental.com)に掲載されました。

論文タイトル:Differences in subjective taste between Japanese and Sri Lankan students depending on food composition, nationality, and serum zinc.
著者:Yu Koyama, Shalika Dewmi Premarathne, Thulasika Oppilamany, Ayaka Ohnuma, Akiko Okuda, Atsuhiko Iijima, Noriyasu Onoma, Mieko Uchiyama
誌名・巻号:Clinical Nutrition Experimental 23:60-68, 2019

この論文では、スリランカの学生と日本の学生における味覚の違いについて調査し、味覚に影響する微量栄養素であるZn(亜鉛)の血中濃度がスリランカの学生と日本の学生で異なることが味覚の違いに影響している可能性を示しております。