保健学科の学生が、『帰省時母校訪問事業』にて、講演を行いました

  新潟大学 教育・学生支援機構の、平成29年度『帰省時母校訪問事業』の一環として、保健学科の学生が母校(中高一貫校)を訪問し、生徒約150名(中学1-3年生および高校1年生)ならびに教員約10名を対象に講演しました。

日時:平成29年8月29日(火)15:40-16:10
高校の「学力向上プログラム」にて、主に、新潟大学の学生生活などについて、プレゼンし、生徒ならびに教員から好評を博した、とのことです。