朝日新聞社主催の「プロフェッサー・ビジット」で保健学科の坂本 信 教授がエントリーされています

国公立大学12校の多彩な教員が行う出張講義「プロフェッサー・ビジット」(主催:朝日新聞社,2017年9月1日~11月30日実施予定)に、放射線技術科学専攻の坂本 信 教授がエントリーされています。「プロフェッサー・ビジット」は、「今、受けてほしい12大学の最先端授業をあなたの高校で」と題して、朝日新聞社が、現在、全国の高校から参加校を募っています。

詳細は以下をご覧ください。
http://manabu.asahi.com/profvisit/

 

【骨・関節の構造および機能と先端研究】
本授業では、整形外科学で扱う骨と関節について、バイオメカニクス(生体力学)的観点からその構造と機能を解説するとともに、骨粗鬆症や変形性膝関節症の病態と診断法および最前線の研究について分かりやすく講義します。

 

坂本 信 新潟大学 医学部保健学科 バイオメカニクス研究室教授 副学長
[出身地]愛知県 [出身高校]愛知県立一宮西高校
さかもと・まこと/1989年新潟大学大学院自然科学研究科博士課程修了、米国Johns Hopkins大学医学部整形外科客員研究員を経て2000年4月から現職。主として、整形外科バイオメカニクスなどに関する教育・研究に従事。日本臨床バイオメカニクス学会評議員、日本機械学会フェロー、日本生体医工学会バイオメカニクス研究会委員長、日本実験力学会会長等を歴任。16年から新潟大学副学長(入試・広報・高大接続担当)。