学生の声

人と人によって成り立つ看護 ~患者さんにとって最善の医療とは~

看護学専攻
3年 長濵 愛香 さん

私が新潟大学に入学した理由は、看護師・保健師・助産師の資格を取得したいと思ったからです。看護は、人が五感を使って人を看ることから成り立ちます。知識だけ、あるいは、技術だけでは患者さんに安全・安楽な看護を提供できません。新潟大学では、先生方ご自身の臨床経験をふまえた講義や多様なロールプレイや演習で、患者さんにとっての最善の医療とは何かを考え、提供する方法を学ぶことができます。特に、ロールプレイや演習が充実しており、患者役をしてみないと気づかない多くのことを学び、グループワークで新たな視点を得ることができます。

勉強のほかにも、サークルやアルバイトを行うことで、多くの人との出会いがあり、楽しさの中にも、学びがある充実した生活を送ることができます。私は、ボランティアサークルで福島の仮設住宅に行って、住民の方の健康管理のサポートを行っており、人と人によって成り立つ看護を実感し、看護って素敵なお仕事だなと改めて実感しています。

みなさんも、充実した大学生活を送れるように一緒に頑張りましょう。