看護学専攻の紹介

教育理念

人間の尊厳,人間愛を基盤として全人的な保健・医療を目指すとともに,自律した看護専門職として社会の変化に対応し,看護を探究することを理念とする。

教育目的

看護の対象の全人的理解と看護実践に必要な基礎的知識・技術を修得し,豊かな感性と倫理観,学際的な視野を身につけ,保健医療福祉チームの一員としていずれの国,いずれの状況にあっても連携,協働できる看護専門職を育成することを目的とする。

教育目的

教育目標

  1. 看護の対象が身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな存在である人間として理解し,その発達段階や健康状態,生活状態を関連させて全人的に捉える能力を養う。
  2. 看護専門職としての倫理観,豊かな感性と人間性を身につけ,援助的な人間関係形成する力を培い,看護実践できる能力を養う。
  3. 看護実践において,科学的根拠に基づいた看護アセスメント能力を養うとともに,健康上の課題を解決するために必要な基礎的な知識,並びに基本的な技術を修得する。
  4. 社会の動向や地域のニーズを把握し,保健医療福祉チームにおいて看護専門職としての責務を踏まえた指導的役割を遂行できる基礎的能力を養う。
  5. 世界の人々の健康な生活の実現に向け,国際的視野及び異文化看護の視点から,環日本海並びに国際社会において看護の機能や役割を遂行できる素地を養う。
  6. 看護について常に探究心を持ち,看護の開発・開拓のための研究的態度を身につけ,研究を継続するとともに,それらを看護実践・教育に生かすことができる基礎的能力を育成する。
教育目的教育目的