専攻主任あいさつ


新潟大学医学部保健学科検査技術科学専攻
分野/専攻主任  佐藤 英世 教授

検査技術科学を学ぶ皆様へ

本専攻は、1963年、検査技師の養成を目的とし、新潟大学医学部に付属衛生検査技師校が設置されたのが起源です。その後、同校は医学部付属臨床検査技師校に改称され、新潟大学医療技術短期大学部衛生技術学科へと発展し、1999年に4年制の大学として医学部保健学科検査技術科学専攻が設立されました。現在までに本専攻を卒業した多くの先輩たちが衛生検査技師・臨床検査技師として医療に貢献しています。また、最近では、一般企業や行政関係に就職する人も出てきています。

臨床検査技師の仕事は、疾患と関連する生体情報を検査技術により的確に捉え、予防・治療に寄与するものであり、医療を行う上で必要不可欠なものです。具体的には血液、尿などの体液や細胞・組織を解析する検体検査と心電図・脳波などを解析する生理学的検査があります。これらの検査を行うには、人体の構造や生理、病理や免疫機構、遺伝子、微生物などの専門的知識を基盤とした高度な技術力が必要となります。

臨床検査技師の資格は医療専門職としての国家資格です。この資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。本学の専門科目のカリキュラムの内容は国家試験科目を基盤としていますが、単にその学問の習得に留まらずその汎用力の育成を図ることにも力点をおいています。一方、教養教育のカリキュラムでは社会一般教養の修得とともに、医療人としての生命倫理観の涵養も重要課題として位置づけ、真に国民の健康に貢献できる人材の育成を目指しています。また、国際人として国際医療活動に参画できるよう外国語教育にも力を入れています。

2004年には大学院保健学研究科修士課程(現在、博士前期課程と改称)、2007年に博士課程(博士後期課程と改称)が設置されました。同研究科には検査技術科学分野が設置され、博士前期課程では、より高度な専門的臨床検査ができる医療技術者、博士後期課程では専門分野の研究者の育成を主眼において教育・研究を行っています。ここ数年、卒業後、大学院に進学する人も増える傾向にあります。

臨床検査の技術は日々発展を続けており、今後、臨床検査の重要性は増大していくものと思われます。また、健康維持の観点から健康長寿社会の形成に寄与することが期待されます。私たちは向上心・探究心を持ち、全人的医療の視点を備えた臨床検査技師および研究・教育者の育成に努めたいと考えています。皆さんの入学を心よりお待ちしています。