検査技術科学専攻の紹介

教育理念

検査技術科学は、医療現場における診断や健康管理など、いのちと健康を守るさまざまな分野と密接に関わっています。本専攻は、健康や医療に対する専門的知識と技術を学び、生命科学や検査技術科学を生かした分野で貢献する人材を育成することを目指しています。また、検査技術科学に関する研究を進め、保健学の発展に向けて取り組んでいます。

教育理念

教育目標

  1. 豊かな人間性を備え,生命の尊厳を理解し,臨床実習を通してチーム医療の一員にふさわしい知性と教養と倫理感覚を培う。
  2. 生命科学を基礎に,人体の構造と機能に精通し,更に健康と病態を理解する能力を有し,将来専門分野で活躍するための基礎的能力を培う。
  3. 検査技術の基本を学び,その上に立って,自ら技術を習熟・発展させることができ技術の改革・進歩に対応できる能力を培う。
  4. 生命科学の知識を駆使した高度の検査技術に精通し,検査技術の分野において指導的役割を担い得る能力を培う。
  5. 検査結果を分析し,対象者の健康状態を把握・管理することで,予防医学や地域医療に貢献できる能力を培う。
  6. 国際的視野から人類全体の健康に関心をもち,修得した検査技術を地球全体の疾病予防・健康増進に貢献する能力を培う。
教育目標教育目標