専攻主任あいさつ

新潟大学医学部
保健学科放射線技術科学専攻
分野/専攻主任  大久保 真樹 教授

放射線技術科学を学ぶ皆様へ

 

放射線技術科学専攻は、新潟県診療エックス線技師養成所(1960年設置)を前身とし、新潟大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科(1976年設置)を経て、1999年からは四年制の医学部保健学科へと改組され現在に至っています。これまで診療放射線技師として送り出した数多くの卒業生が、全国の医療機関で活躍しています。

診療放射線技師の免許は、病院・診療所などの医療機関において「放射線を人体に対して照射する」ことのできる唯一の国家資格です。放射線を利用する検査として“X線撮影”や“CT撮影”は皆さんもご存知だと思います。しかし、診療放射線技師が利用するのは放射線だけではありません。MRI(磁気共鳴画像)、超音波検査、眼底写真の検査も行います。さらに、撮影画像の画像処理、放射線治療における治療計画、放射線の安全管理など、高い専門性を必要とする業務は多岐にわたります。本専攻の教育目標は、放射線医療に関する十分な知識と技術を持ち、チーム医療の一員として信頼される人間性豊かな診療放射線技師を育成することです。

大学院では、学部教育を発展させ、指導的役割を果たすことのできる高度専門職業人の育成と研究者の養成を目標として掲げています。博士前期課程では、放射線技術科学領域全般の知識を深めるとともに、特定の専門知識、技術を有する専門医療職者の育成を目的としています。特に、医療現場において中心的な役割を果たし、疾病予防、診断及び治療に貢献できる人材の育成、および新しい知識や技術を習得し、創造的な研究を行うことにより、実践の場を活性化し、指導的な役割を担えることができる能力を開発することなどを教育目標としています。博士後期課程では、先端医療機器や新たな診断技術を開発するとともに,生体機能の新しい解析法とその理論の構築や次世代医用画像診断支援システムの開発や応用を積極的に推進することを課題として,それに対応できる教育研究者,または高度医療専門職者を育成することを目標としています。また、博士前期課程には医学物理士養成コース、博士後期課程には医学物理コースを設置しています。

皆さんの中には今はまだ漠然と「医療」という職業に関心がある程度という方もいるかもしれませんが、この機会に当専攻への進学を真剣に考えてみませんか。医療の分野は日々進展を続けています。高度なチーム医療の一翼を担う診療放射線技師として、放射線技術科学分野の研究者・教育者として、あるいは医学物理士として、また医療関連企業における技術者として活躍できる可能性が広がります。意欲ある皆さんの入学を心よりお待ちしています。